忍者ブログ

4690と38の日記

寒いし暗いし

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

寒いし暗いし








秋の日は笑福亭 鶴瓶 落としと言うます



「笑福亭 鶴瓶」とは、

水を汲むために竿や縄の先につけて、井戸の中におろす桶のこと。

その笑福亭 鶴瓶がペペローション塗れで井戸に滑り落ちるように、

秋の日は一気に日があっという間に暮れるということをいう。










なんかもう、アレよな

午後6時40分頃でも

もうそろそろ午後8時頃かな?

おえええ、まだ7時にもなってないじゃないの! なにこれ!

つって錯覚するくらい

夜が長く感じるのう

ということなんだけど

今日なんか霰が降りよったからな

そうすると、もうこれは、冬でありますな

冬と言えば寒さで免疫力が落ちる時期でありまして

インフルエンザの季節でありますな

なんでも今年は例年よりも2ヶ月程早くインフルエンザ流行の兆しとかニュースで言ってますな

スーパーマーケッツに通ってると実感する

ゲッホゲッホ! ゴッホゴッホ! してる買い物客が目立つのでな

ということで

これもニュースで見た事柄だけど

今年はインフルエンザの流行が早いので正しいマスクの付け方講座を.......

みたいな事をやっていたけど

インフルエンザに罹患していない人間に対して正しいマスクの付け方を教授させる前に

罹患している人間にマスクを付けさせるのが先だろうと思うんだけどな

スーパーマーケッツでマスクもしないで口元に手も当てないでゲッホゲッホ咳してるのって

やっぱり団塊糞野郎である60代70代のジジイが多いんだよ

人の口に入る食料品が売られているんだぞ?

馬鹿なんじゃないの?

肺炎になって1人ではよ死んでくれとしか言えないな









ということで

冬と言えば毎日鉛色の空で日照度が著しく低下するゆえに

鬱病が発症し易い季節でもあるのな

ということで

脳内物質のセロトニンを分泌させないと欝になって死ぬぞ

ということで







脳内のセロトニンを増やす方法3つ



1. 太陽の光を浴びる


2. 集中した「リズム運動」


3. 人と人との触れ合い




脳内のセロトニンを増やす2つのポイント



1.セロトニンの原料をしっかりと摂ること


2.セロトニン神経を活性させること



「この2つのポイントを踏まえると、例えば、

 朝起きたときに次のことを行うのがオススメです。

 それは、“朝日を浴びながら、バナナをよくかんで食べる”という行動です。

バナナは、セロトニンの原料となる“トリプトファン”、さらにそれを脳に運び、

セロトニンに合成してくれる“炭水化物”と“ビタミンB6”が含まれている、

まさに『セロトニンフード』といえる食材です。





ということで

バナナ食べると良いらしいけど

これは健康な人なら毎朝1本のバナナで効果があるということであって

糖尿病だとか腎臓が悪い人間が毎朝バナナを摂ると

逆効果というか生死に係わる問題となるのだぞ

うちの母は朝バナナで腎臓が死に掛けたからな

バナナにはね

凄い量のカリウムが含まれているのよ

腎臓が弱っている所に大量のカリウムが流れ込むと

腎臓に負担が掛かり過ぎて腎臓の細胞死んで行くのよ

肝臓と違って腎臓の細胞は回復とか再構築とかされないのよ

ということで

腎臓が弱い人間にとってはバナナは毒なのよ

毎朝バナナ食べる人は病院で腎臓の数値とか調べてから食べるといいよ

健康なら適度なバナナであればもっと健康にという事だよ

なにごとも適度でな

気をつけてな。










PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

P R

プロフィール

HN:
4690
性別:
男性