忍者ブログ

4690と38の日記

タイトルなし

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

タイトルなし








テデレコデンの

こきりこぶしだよー




歌詞:こきりこ節



こきりこの竹は 七寸五分(しちすんごぶ)じゃ

長いは袖(そで)の かなかいじゃ

窓のサンサは デデレコデン

ハレのサンサも デデレコデン



向いの山を かづことすれば

荷縄(になわ)が切れて かづかれん

窓のサンサは デデレコデン

ハレのサンサも デデレコデン



向いの山に 鳴く鵯(ひよどり)は

鳴いては下がり 鳴いては上がり

朝草刈りの 眼をさます

朝草刈りの 眼をさます



踊りたか踊れ 泣く子をいくせ

ササラは窓の もとにある

烏帽子(えぼし)狩衣(かりぎぬ) ぬぎすてて

今は越路(こしじ)の 杣刀(そまがたな)



向いの山に 光るもん何じゃ

星か蛍か 黄金(こがね)の虫か

今来る嫁の 松明(たいまつ)ならば

差し上げて点(とも)しゃれ 優男(やさおとこ)




向いの山に 光るもん何じゃ 星か蛍か 黄金(こがね)の虫か

ということで

大昔の人もUFOを見たのかも知れないね

ということで

こきりこ節は日本で一番古い民謡です

こきりこは田楽から派生し、田踊りとして発展しました

田楽や田踊りは、五穀豊穣を祈り、百姓の労をねぎらうため、

田楽法師と呼ばれる職業芸能人たちが

田植えや稲刈りの間に行った踊りでした

ということでした。








PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

P R

プロフィール

HN:
4690
性別:
男性