忍者ブログ

4690と38の日記

諦めたとこにシロクン

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

諦めたとこにシロクン








11月22日







さむいので活動力が低下している

シロクンに会いに行くべきか行かざるべきか

今日は止めとこうかな........

だるいしねむいし

天気わるいし

これからもシロクンと会える機会はいくらでもあるしな........

シロクンあと何年生きてるんだろうな........

シロクンと会えるのはシロクンが生きている時間は

人間の時間で考えると短いものだしな

ということなので

午後3時頃に海へと向かう






ということで

天気悪いので島駐車場には空きがありましたので

そこに駐車してシロクンを探して歩く

港付近を2往復して

高台から こども広場 まで歩きまして

高台から下りまして

下の集落の路地から路地歩いて回ったがシロクンからの返事ない

時刻は午後4時53分

もうあと10分20分で暗くなってしまう

残念だけど今日はここでシロクン探しは終了だな



ということで

この場所で1分ほどションボリしていると

下のほうからニャーと声が聞こえた

ウミネコかな 紛らわしいな

と、思ったんだけど

海辺の階段を白いのが上がってくる

シロクン? 



シロクンどこにいたの?

波消しの隙間にいたの?







ということで

背中の毛皮を触ってみると

少しだけベタベタするのでさっきまで海の近くに居たのは間違いないんだけど



波消しの隙間にずっと居たなら

今日はそこそこ波が高いですから

もっと潮でベタベタになっていないとおかしい

ということは

俺が島の方向を見てションボリしている間に

トンネルの崖の上から下りてきたんかも知れない



さっき歩いてきた高台から俺の音に気づいてはいたけど

他の猫の縄張りに入り込んでいたので

高台から隠密行動で俺の音を追ってきて

ここで声を掛けたのかも知れないな

そういえば

去年の冬とかトンネルの向こう側に居る事が多かった気がする

もしかしたら冬場は

その日の風向きにより少しでも暖かい場所を求めて移動しがちなのかも知れないな 








ということで

ちょうど諦めた時に出てきたシロクンすごい

やっぱりシロクンは俺にとっての神猫だな

ああ~ 神猫さま~ 神猫さま~ つってシロ背中を撫でていたんだけど

その俺の脇腹にピリピリッ!と痛みが走る

なにこれ いたい

背伸びをしてみる

ピリピリッ!と痛みが走る

なんだこれなにしたんだこれ

アレか? ついにアレか? 肺ガンとかそんなのか?

あっ!



そういえば昨日の夜にT壱とパル吉と打ちっぱなし行ったんだった

なるほど

アレで右の脇腹だけが筋肉痛みたいになっているのか

ふざけやがって

ということで

そういえばシロクン

こんなとこに居たらスポンサー様からの猫メシ貰いそびれるぞ

もうすぐ暗くなってしまいますし

一緒に とくおお の路地裏まで歩こう

ということで

とくおお の路地裏までシロクンと移動したのち

そこで脇腹を擦りながらシロクン撫でてお別れしました

今日はたった30分ほどしかシロクンと一緒に居られなかったな

家から出るのも遅かったし

やっと会えた時間も時間だったしな。








PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

P R

プロフィール

HN:
4690
性別:
男性