忍者ブログ

4690と38の日記

鯛とシロクン

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

鯛とシロクン






10月8日





台風18号が6日に最接近

市内ではそれ程ではなかったけど

海側ではソコソコ強く吹いたようだったので

シロクンが心配だった

しかしながら

7日に雨ナさんがシロクンに会いに行ってくれたようで

雨ナさんのブログのシロクンを見て安心す

ということで8日

島駐車場に車を停めて

白毛玉でてこやーい でてこやーい

つってたら



おやおや?

もしかしたら観光客の車の下に居たのかな?

車の下は危ないから駄目だぞシロクン






俺の心配など知らぬそぶりのシロクンだけど

横にチョコンとまるまった かわいい.......



なんにしても

どこも怪我もなく無事で居てくれてよかったよ








ということで

暫く便所横で潜伏した後

いつもの漁具小屋(実際には水槽施設小屋なんだけど)の裏のベンチに座りまして

ゆっくりと過ごしていましたが

いよいよ飽きてきましたので

なんとなく漁具小屋の下の港へと目を遣って見ましたところ.........



なんだろう?

なにかのお魚が捨ててあるな?

ということで

急いで港の波打ち際に下りてみましたら

こっ! これはっ!



たっ

たたたたたたたた

鯛だぁぁぁぁぁあああああ

高級魚の鯛が落ちてるぞぉぉおおおおおシロクンなんで気づかないかなぁぁあああああああ

ということで

アホの猫のシロクンを招集してみた



そうすると

すぐに鯛たべだすシロクン

やっぱり自分のテリトリーなのに鯛の存在に気づいてなかったのかアホの猫め



シロクンがアホの猫なのは残念だけど

どうだ? 鯛美味いですかね? 美味いでしょ? 高級魚ですよそれ

小骨が喉に刺さらんように気をつけてね

つってたら

早々にシャリシャリと音を立てて鯛の半身を平らげて

また次の鯛の美味しそうな部位を探し始めたぞ








これ良い写真ね

題名を付けるなら 港のドラ猫魂 かな

 
 
 
 
 
 



シロクンは真剣にお食事中なので

気を散らさせたら駄目だと思って

少し離れた場所に座って見守ってたんだけど

シロクンなんか銜えて俺の横に来た
 


むっ! なんだよ鯛の御頭じゃないかよ?



それって頭の後ろの部分の肉が美味いらしいじゃないか?

わざわざ俺に見せ付けに来たのかシロクン?

つってたら

シロクンはその場で何度か鯛の御頭をカリカリと噛んでから

それを俺の足の近くにチョコンと置いて放置した

おいおい

食わないのかよ?

もうお腹いっぱいなのかシロクン?

んん?

まさか!

これはまさか!?

俺にくれるってこと?

最初にカリカリと噛んでたのは


『 ほら、ここのとこ、ここをたべるとうまいから、こうやってたべるんだよ38 』


つってたのか?

うおおおおおおおおん

やめてシロクンそういうのやめて

俺は猫なんかに優しくされると泣けてきちゃうからやめてよそういうの

くそう

シロクンは優しい猫だことよなあ

まあ、本当のところどうなのか知らんけど

とにかく

もしそういうアレだったらシロクンありがとうね

でも鯛の御頭を生で食する事は出来ないんだよ

俺は人間ですからね

無理して食えない事もないんだけどね(食中毒になるかも知らんが)

シロクンには分からないだろうけど

もし俺が無理して港で生の鯛の御頭をバリバリ食ったりしたら

そんな場面を漁師さんに見られたりでもしたらね

港の要注意人物になってしまうんだよ








ということで

シロクンは口元のお魚の脂をお掃除中













それじゃ、ま、俺は帰りますね

あと10分ほどで日没ですからね



あーあ

夏の間はそれこそ午後7時くらいまでシロクンとゆっくり過ごせたけど

今じゃ5時30分で暗くなってしまう

シロクンとのお別れが名残惜しい季節へと急速に移り変わってゆくよね。







PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

P R

プロフィール

HN:
4690
性別:
男性